しおれた葉物野菜を、シャキッと復活させる方法

野菜って、買ってから冷蔵庫で保存していると、シナシナにしおれて新鮮さが失われてしまいますよね。
どんな野菜も、収穫から時間が経つと、次第に水分が蒸発します。

野菜の細胞の中に含まれる水分が減ると細胞が小さくなるので、葉っぱや皮などが縮れることによって、野菜がしなびてしまうんです。
レタスやほうれん草などの葉物野菜は、薄い葉で出来ている分、ほかの野菜と比べても水分が蒸発しやすく、気温が高かったり空気が乾燥していたりすると、あっという間にしおれてしまいます。

 

ですから、野菜がしなびてしまった時には、乾燥しきって枯れてしまう前に、水分を補ってあげることが大事なんです。
水分を補えば、時間が経った野菜でもまるで収穫したてのように、シャキシャキの状態に復活させることができるんですよ。

野菜に水分を補うにはさまざまなやり方がありますので、手軽にできるものから順番にご紹介しますね。

<スポンサードリンク>

冷たい水に浸ける

一番簡単な方法は、ボウルに水を張ってしばらく野菜を浸すことです
野菜の細胞の中に水が入り込むことによって、しなびた葉っぱにハリが出てくるんです。

ハリが出ると、食感もパリッとしてシャキシャキになります。
ほうれん草や小松菜は、根元を切って浸けるとより水分を吸収しやすくなりますし、レタスやキャベツは1枚ずつ葉っぱを剥いて、食べる分だけ水に浸けましょう。

 

ただし、いくつかの注意点もあります。
水がぬるいと食感がパリっとしないので、必ず冷たい水で行いましょう

また水に浸けている間は乾燥を防ぐことができますが、1分以上つけておくと、ビタミンやカリウムなど水に溶けやすい栄養素が出てしまいます(最大で3割ほど)
でも問題なのが、ただ水につけるだけでは10分から20分くらいは、浸しておかないといけません。

 

水を使って葉物野菜を元に戻すなら、栄養面は少し目をつぶらないといけませんね(;’∀’)

氷水に浸ける

野菜を浸ける水は、冷たければ冷たい方が食感がパリッとしやすくなります
買ってきた時よりもむしろパリッとさせることも可能なんですよ。

氷水に浸ける時間は2〜3分程度で十分ですから、忙しくて調理にあまり時間がかけられない人にはぴったりの方法ですね。
それに2~3分なら、流れてしまう栄養の量も少ないです。

 

葉物野菜の中でも氷水の効果が一番わかりやすいのが、レタスです。
レタスは、葉っぱのみずみずしさが美味しさのカギを握りますよね。

氷水につけることによって、シャキシャキとした新鮮な、レタスならではの歯ごたえを楽しむことができるようになるんです。

 

ただし気をつけなければいけないポイントが、氷水に浸けてから時間が経つと野菜の温度が上がって、またしなびてしまうという点です。
氷水に浸けるのは、必ず食べる食前にしましょう。

冷たい水に酢と砂糖を混ぜて浸ける

少し手間をかけてもプラスアルファの効果を得たいという人は、酢と砂糖を足してみましょう。
大きめのボウルに冷たい水を張り、そこに酢と砂糖をそれぞれ大さじ1杯程度溶かし、しなびた野菜を10分くらい浸けます。

水が冷たいので砂糖が溶けにくい場合は、ごく少量のお湯で溶かしてから入れて下さいね。
酢は殺菌効果が高いので、サルモネラ菌やぶどう球菌など食中毒を引き起こすような雑菌も死滅させることができます

 

そして砂糖は、野菜が水を吸収しやすくする作用があり、野菜のエネルギー源にもなるんです
野菜は収穫後も呼吸をしながら生きていますが、自分の体に蓄えておいた栄養をエネルギーに変えて呼吸をしているんですよね。

なので、収穫から時間が経てば経つほど、野菜の栄養素はどんどん失われていってしまうんです。
その失われたエネルギーの代わりとして砂糖を吸収させると、野菜がイキイキとして収穫したてのようによみがえるんですよ。

 

ちなみにこれは切り花にも効果的な方法なので、ぜひ試してみて下さいね。

50度のお湯に浸ける

ちょっと面倒ですが効果が高い方法が、50度のお湯に浸ける「50度洗い」という方法です
ボウルに50度前後のお湯を張って、そこに葉物野菜を30秒ほど浸けます。

30秒経過したらお湯からあげて、冷水に浸すなどして野菜を冷やして完了です。
ごく短い時間ですがお湯に浸けることによって、野菜がヒートショックを起こして、呼吸をする穴である「気孔」という部分が一気に開くんです。

 

気孔から水分をぐんぐん吸収するため、葉っぱにハリや新鮮さがよみがえるんです
また野菜の細胞には「ペクチン」という栄養素が含まれているんですが、お湯につけるとペクチンが細胞と細胞を結合させる働きをします。

これによってシャキシャキと歯ごたえが良くなったり、野菜本来の甘みや旨みが引き立つようになるんです
また50度のお湯には、雑菌を減らしたり野菜のアクを取り除く効果もあるので、メリットがたくさんある方法なんです。

野菜の栄養を落とさずに、30秒でシャキシャキに戻したいなら…

もっと手軽に野菜をピン!と元に戻したいなら、私の使っている「ベジセーフ」というスプレーも便利ですよ!
栄養を落とすことなく、また特に何も準備することなく、野菜がピン!とよみがえります。

あと上の写真に映ってる、黄色い液体が気になりませんか( ̄▽ ̄)?
実はベジセーフは、農薬・化学汚染物質・ウイルス・食中毒菌・放射性物質を落としてくれるスプレーでもあります。

 

値段も1回約9円と安く、野菜の汚れも落とせるし、野菜も復活するし、あと長持ちするので、私はこちらを使っています。
今はお試し全額返金保証キャンペーン中で、もし使ってみて気に入らなければ、お金を返してもらうこともできますよ!

葉野菜を再びピン!と蘇らせて、シャリシャリ・パリパリの野菜を食べたい場合は、ぜひ試してみてください。

<スポンサードリンク>