無洗米なのに水が濁る。1度は洗ったほうが良い?答えは…

「無洗米は、本当に一度も洗ったり研いだりする必要は無いの?」
そう疑問に思われる方は、これまで

  • 普通のお米を使っていたので、お米を研がないことに違和感を覚えているか
  • 無洗米を洗うとどうなるのか、気になっているか
  • 実際に使ってみたけど、試しに洗ってみると普通の米と変わらないくらい水が濁って、(本当に大丈夫なの?)と思ったか

いずれかだと思います。

 

そうなんですよ、無洗米は「洗わなくても食べられる」んですけど、いざ水で研いでみると水は濁りますし、ひどい時だと以下の体験談のように、お米に茶色いネットリしたものが付くこともあります。

無洗米をほんとに一度も洗わずに炊飯器で炊くと、底に茶色から黄土色っぽいねっとりしたものがご飯に付着するのですがこれはなんなのでしょう?
食べても問題ないですか?

炊飯器に汚れはありません。
袋から開けたばかりの米でもなります。
2度ほど研ぐと汚れは付かなくなります。

http://urx3.nu/DE3Z

<スポンサードリンク>

無洗米を洗うと、水が濁るのはどうして?

では、どうして無洗米なのに、いざ水で洗うと”普通の米のように”白く濁ってしまうのでしょう?
有害物質か何かだと、不安になりますよね(;’∀’)

実はこれ、ただのお米の”でんぷん”だそうです。
要するに、体に害はないとのことです。

 

それじゃあ無洗米は一度も洗わなくていいかというと、そうでもありません。
一度も洗わないと先ほどもご紹介したように

  • お米のでんぷんが炊飯器の中で焦げてしまって、茶色くなったり
  • 糖分の臭いがきつく、お米が臭くなってしまったり
  • あとは、やっぱりゴミや汚れなどが多少混じってる場合もある

みたいです。

なので無洗米といっても、2~3回くらい洗う方が多いですね。

でも無洗米は、洗えば洗うほど不味くなる…

ただ無洗米はわがままで、お米を”研ぐ”と、今度はうまみが逃げてしまって、ベチャベチャの不味いご飯になっちゃうんですよ(;’∀’)
だから無洗米の洗い方にはコツがあって、普通のお米のように”研ぐように洗う”のではなく、お米の表面の汚れを落とす感じで、”水ですすぐ”のが良いとのことです。

まとめると、

  • 洗わないと、お米がに茶色いネットリしたものが付いたり、ゴミが気になることになるかも
  • 洗いすぎると、お米のうま味や風味が逃げて、ベチャベチャの不味いご飯になる

というわけですね。

 

便利なようで意外とわがままな、無洗米ですね(;’∀’)

無洗米の味を落とさずに、表面の汚れだけを取り除きたいなら…

このスプレーは、元々は野菜の農薬や放射性物質、ウイルスや菌を取り除くためのものです。
ただし公式サイトにも書かれていますが、お米にも使えますよ!

栄養を落とさないのに、上の写真のように汚れだけをゴソッと落としてくれますよ(;’∀’)
試しに後で水で研いでみても、まったく濁りませんでした。

しかも1回あたり、約9円で使えます(;゚Д゚)

お米の味も落とさない…どころか美味しくなる?

無洗米は先ほどもご紹介したように、”洗う”事で味が落ちやすいです。
でもこの手の”農薬を落とす系商品”は、お米の味が逆に美味しくなるという報告も多いですよ(⌒∇⌒)

実際の体験談を引用させていただくと…

は、普通の流通でも、これで洗うと、おを炊くときの香りが良いですし、高級の味わいに変身、凝縮した甘みを堪能できました。

http://ur2.link/DXs7

もやってみました。
手早くしましたが、すぐに黄色い色が・・・特別栽培なので安心してましたが、炊き上がったおは真っ白でほんとにおいしかったです。おすすめします。

は10秒から20秒程ですすいでいますが、安いおでもすごく美味しくなります。
特に保温にしておいて次の日に食べてみると、使用しているときと使用していない時の違いが一目瞭然です。

http://ur2.link/DXsg

そして、おをこれで洗って炊いたら美味しいこと美味しいこと。
黄色いとぎ汁から透明にかわって「よしよし」と思いながら、おいしいお水で炊いた新は、
絶句でしたね。一人ではじめて2合食べてしまいました^^;

を研ぐ時にも使いましたが、炊飯後に保温状態のままでも御飯の持ちがグンと良くなるのが良い。

http://ur2.link/DXsu

もこれで浸しておくと、黄色い水に変わります。また、これで洗ってから炊いたご飯は艶もよく、大変美味しいです。

 

このベジセーフというスプレーは、先ほどもご紹介したように、1回9円で使えます。
ただし今は発売記念もあってか、全額返金保証&送料無料キャンペーン中です。

無洗米の汚れだけをゴソッと落とし、ツヤツヤ&ふっくらの美味しいお米を食べてみてくださいね。

<スポンサードリンク>