ペットが野菜を吐き出すor食べない!原因はこれかも…

大切なペットは家族同然です。
大切な家族だからこそ、健康に良くて、美味しいものを食べさせてあげたい。

人にとっては健康に良い野菜ですが、ペットにとっては、危険な種類のものもあります
それに野菜の農薬が反応して、野菜を吐き出してしまうこともありますね。

 

この記事では、飼われている方が多い動物それぞれの

  • 食べても大丈夫な野菜
  • 食べてはいけない野菜
  • 簡単に農薬を除去して、ペットに野菜を美味しく食べてもらう方法

について、ご紹介しますね。

<スポンサードリンク>



猫は肉食動物ですので、野菜は基本的には食べません
しかし、野菜は猫の健康に良いものもありますので、選んであげれば大丈夫です。

食べてOKな野菜 

白菜、レタス

食物繊維やミネラルがたくさんは含まれています。
ゆでたものを小さく切ってあげると良いです。

 

大根、人参

この2つは消化があまりよくなりので、すりおろしてあげると猫も体に負担がなく食べることができるそうです

 

トマト、きゅうり

生であげても大丈夫です。
体を冷やす効果があるので、夏場にあげるといいかも!

食べられない野菜

たまねぎ、ねぎ、ニラ、ホウレン草

犬は雑食なので野菜を食べます
野菜が大好きな犬もいますよ!

食べてOKな野菜

キャベツ

食物繊維が含まれていますので、お腹の調子を整えてくれます。
芯をとって、小さく切ってあげると良いです。

あまりあげると下痢になりますので、少しずつあげるといいそうです

 

白菜

低カロリーの野菜です。
白菜のシャキシャキ感が大好きな犬も多いとか。

噛むことが好きな犬にはかために茹で、噛む力が弱い犬にはやわらかく茹でたものをおいしく食べることができます。

 

レタス

ビタミンKと葉酸を含んでいます。
おやつにレタスを1枚いかがですか?

 

きゅうり

ほぼ水分ですので、安心して食べさせても大丈夫な野菜です。
噛みがいのある野菜ですので、きゅうりが好きな犬は多いそうです。

ご褒美にいがでしょう?

 

トマト

トマトにはリコピンが入っていますので、とても健康にいい野菜です。
犬は甘みを感じますので、トマト好きな犬も多いのです。

すすんであげたい野菜です。

 

人参

βカロテンが豊富な野菜の人参。
この野菜もとても体にいいので、犬の食事にはおすすめです。

茹でてあげてもいいですし、噛むことが大好きな犬には、生の人参をスティック状に切ってあげても喜びますよ。

 

ブロッコリー

βカロテン、葉酸、ビタミンKなど栄養たっぷりの野菜です。
茹でてあげるといいです。

ただ、茎は食物繊維がたっぷり入っていますので、あげすぎると下痢をしてしまうかもしれません。

 

パセリ

βカロテン、葉酸を含んだ栄養満点の野菜です。
日常的に食べさせてあげたい野菜です。

食べるとNGな野菜

たまねぎ、ねぎ、ニラ

魚(金魚、熱帯魚)

金魚は雑食です。
野菜を食べることができますが、あまりあげすぎると水が汚れますので、注意が必要です。

食べてOKな野菜

小松菜、ほうれん草

食べるとNGな野菜

ごぼう、コーン皮の部分
消化不良を起こしてしまうので危険です!

鳥は野菜が大好きです。
鳥によって、好きな野菜が違いますよ。

食べてOKな野菜

小松菜

カルシウム、鉄分、ビタミンAなどが含まれています。
食物繊維がたっぷりで、がん予防にも良いようです。

 

チンゲン菜

カルシウム、鉄分が豊富で、貧血が予防できるそうです。

 

豆苗

カルシウム、たんぱく質、ビタミンAB1B2などが含まれています。

 

その他

大根の葉、カブの葉

食べてNGな野菜

たまねぎ、ねぎ、アボガド、ニラ、にんにく、ごぼう、ほうれん草

うさぎ

うさぎの内臓は、とってもデリケートです。
冷蔵庫で冷やした野菜をあげるとお腹を壊してしまうこともあるので、常温のあげると良いです。

食べてもOKな野菜

レタス、キャベツ

水分が多いので控え目にあげるといいそうです

 

その他

白菜、きゅうり、人参、パセリ、ブロッコリー、セロリ、小松菜、トマト、カリフラワー、みつば、せり

食べるとNGな野菜

たまねぎ、ねぎ、ニラ、にんにく

ハムスター

ハムスターは雑食で、野菜も主食の1つです。

食べてもOKな野菜

かぼちゃ

栄養価が高いのでおすすめの野菜です。
甘みがあるのでハムスターも大好き!

かぼちゃの種もあげても良いです。
おやつにいかかですか?

 

ブロッコリー

ビタミンAが多く含まれています。
茹でると甘くなりますので、ハムスターは喜びます!

 

キャベツ

水分が多いため与えすぎはよくありません

食べるとNGな野菜

枝豆、たまねぎ、ねぎ、ニラ、にんにく、れんこん

トカゲ

二ホントカゲは野菜を食べませんが、フトアゴヒゲトカゲやオニプレートトカゲは野菜を食べます

食べてもOKな野菜

小松菜、モロヘイヤ、かぼちゃ、さつまいも、人参

食べるとNGな野菜

たまねぎ、ねぎ、ニラ、にんにく、キャベツ、ブロッコリー、

カメ

カメは種類により肉食、雑食と分かれます
肉食でも、野菜を食べるカメもいます

食べてもOKな野菜

小松菜、水菜、チンゲン菜、モロヘイヤ、パセリ、キャベツ、人参、かぼちゃ、

食べるとNGな野菜

たまねぎ、ねぎ、ニラ、ほうれん草

ペットに与える野菜は洗ったほうが良いの?

大事なペットに与える野菜は洗ったほうが良いのか心配になりますよね。
ペットにあげる野菜は、しっかりと洗ったほうが良いですよ

スーパーで売られている野菜は、大量を農薬やワックスが付着しています。
そしてペットは私たちより小さな体をしていたり、敏感な鼻や舌を持っていますから、そもそも生野菜を食べてくれなかったり、食べても吐き出してしまう事も多いです。

それじゃ、野菜は水洗いすれば農薬は落ちる?

野菜を洗うとき、ほとんどの方は流水などで軽く洗うだけではないでしょうか?
実は、簡単に水で洗うだけでは完全に農薬やワックスは十分に落ちません。

水ですすいで落ちるなら、雨のたびに農薬をまかないといけませんからね(;’∀’)
なので、少しこするくらいで30秒ほど、しっかりと洗ってください。

 

そうすると、農薬は全てではないものの落とせますよ(⌒∇⌒)
ただし、野菜は栄養は洗うと溶けて出てしまい、最大で30%ほど失われると言われています。

それに、水洗いは以下のような危険性もあります。

水では落ちない、食中毒菌がついてるかも?

スーパーに売られている野菜には、農薬以外にも付着しているかもしれない怖いものがあります。
それは、バクテリアなどの菌類です。

バクテリアなどの菌類は、食中毒などの原因にもなる怖いものですが、これは流水では落ちません。
なので、少し面倒ですが茹でて野菜を与えることが、一番安全ですね(^▽^)

野菜を茹でずに、ペットに健康的な野菜をあげたいなら

この「ベジセーフ」というスプレーは、

  • 農薬を落とせる
  • サルモネラ菌、大腸菌などのウイルスや食中毒菌も30秒で死滅出来る
  • 99.9%純粋原料だから安全。万が一口に入っても大丈夫
  • 水洗いと違って、野菜の栄養を落とさない

というスプレーです。

元々は人間用ですが、1食分あたり約9円で使えるので、”何となくもったいない”なんて気もしないと思います( ̄▽ ̄)

 

それに今は発売記念だからか、全額返金保証&送料無料キャンペーン中です!
ペットが、止まらない勢いで野菜をパクパク食べてくれて、ずっと健康的な姿でいてほしいなら、ぜひ試してみてください。

<スポンサードリンク>