洗剤で農薬やワックス、PM2.5は落とせる?⇒注意点は…

野菜の農薬、あなたはどうして落としていますか?
一般的には水洗いだと思うんですけど、農薬は「展着剤」と呼ばれるワックスのようなものとくっつけられて、雨でも流れないようにされています。

つまり、まるで「頑固な油汚れ」のようになっているんですね。
だから、水洗いだけでは農薬は完ぺきには落とせないんです。

 

一方で、世界一の農薬使用率の中国では、野菜を洗剤で洗うのが当たり前になっています。
でも、洗剤で農薬や、最近話題のPM2.5は落とせるのでしょうか?

この記事で、ご紹介しますね。

<スポンサードリンク>



洗剤で農薬やワックス、PM2.5は落とせる?

結論から言うと、洗剤で農薬は落とせます。
洗剤は油汚れでも落としてしまうくらいですから、農薬だって落とせます。

それに、洗剤と農薬って相性がいいんですよ。
少し細かい話をしますと、農薬に含まれた展着剤やワックスは、たんぱく質と脂質が含まれているんですけど、このたんぱく質と脂質は強アルカリ液に漬けると、剥離分解するんです。

 

つまりアルカリ性の持つ、油性の汚れに対する親水性(水に溶けだす)性質を利用しているんですね。
洗剤は、この性質を利用しているので、農薬やワックスをきれいに落とすことができるのです。

ちなみにPM2.5も油性なので、洗剤で問題なく落とすことができます。

具体的な野菜を洗剤で洗う方法は?

特別きまった方法は無いようですが、一例をあげますと

  1. ボウルに水をはり、洗剤を適量いれ、軽くかき混ぜます。
  2. 野菜をボウルに入れ、5分から10分ほど漬け置きします。
  3. 十分に流水ですすぎ流してください。

となっています。

 

洗剤を買うと、洗い方も紹介されていると思いますよ!
もし紹介されていない場合は、上の方法で洗ってください。

でも野菜を食器用洗剤で洗って、人体に害や影響はないの?

いくら野菜を洗剤で洗えるからと言って、普通の食器を洗う洗剤で野菜も洗うのは、あんまり良くありません。
その理由はズバリ、界面活性剤の割合が高いからです。

普通の食器用洗剤は界面活性剤の割合が高く、なんと野菜に残留すると言われています。
そしてこの界面活性剤は、女性の場合、子宮にも蓄積し、アトピー性皮膚炎の子供が産まれる原因になるともいわています

がんになる可能性があるという見解もあるそうです。
ですので、食器用洗剤で野菜を洗うことは、あまりおすすめできません。

 

でも、安心してください。
ちゃんと、「野菜を洗う専用の洗剤」は売っていますよ!

私が使っていた、界面活性剤が特に少ない「野菜を洗う専用の洗剤」は、以下の記事でご紹介しています。
良ければ、読んでみてください。

⇒野菜を洗う専用の洗剤はどこに売ってる?おすすめはこれ!

 

ところで、洗剤を野菜で洗うと、栄養が落ちたりしない?

ずばり、落ちてしまいます(;’∀’)
具体的にはビタミンや葉酸など、水に弱い栄養は流れ出てしまいますね~。

最大で3割も栄養が流れてしまうという声もあります。
こればっかりは、仕方がないのかもしれません。

 

もし栄養を落としたくないのであれば、洗剤ではなくて以下のスプレーがおすすめです。
こちらも農薬を落としてくれますが、栄養は落とさない成分になっています。

このベジセーフと言うスプレーは割と最近出たものですが、私も洗剤から乗り換えましたし、今後はこちらが主流になっていくと思います。
値段も一回あたり9円と安いですからね。

 

ちなみに今週は、全額返金保証キャンペーンもやっています。
無料で試せる洗剤は無いと思うので、まずはこのスプレーから試してみるのもいいかもしれませんね(^▽^)

<スポンサードリンク>