野菜を洗うと手がベタベタに。原因と食べられるかは⇒

野菜を水洗いしていると手がベタベタになったり、野菜を洗った後の水に油のようなものが浮いたりすることってありませんか?
野菜がベタベタする原因としてまず考えられるのは、人工的に塗られたワックスです。

ワックスは野菜だけでなく、果物に塗られていることも多いですよね。
なぜ野菜や果物にワックスを塗るかというと、表面にツヤを与えて美しく見せるためや、水分の蒸発を抑え乾燥を防ぐことによって、新鮮な状態をできるだけ長持ちさせるためなんです。

 

あとは農薬が水で流れないために、「展着剤」と呼ばれるワックスのようなものも使われています。
これらは、私たちの人体にどのような影響があるのでしょう?

<スポンサードリンク>



こんなベタベタは安全!むしろ野菜がおいしいサイン?

実は野菜のベタベタには、安全なものと安全じゃないものがあります。
ここではまず、安全な野菜のワックスについてご紹介しますね。

白い粉のベタベタは、野菜の天然ワックス?

キャベツの外側の葉の部分や、ブロッコリーやキュウリの表面に、白い粉がついていることがありますよね。
これって農薬なの?と心配になってしまう人も多いと思いますが、これは「ワックスブルーム」と呼ばれるもので、野菜自身が分泌している天然のロウ物質なんです。

ワックスブルームを分泌して表面を覆うことによって、乾燥を防いだり、異常気象や日照りなどから自分の身を守っているんです。
ほかにも、害虫を寄せ付けないようにしたり、細菌に感染するのを防ぐ効果もあるんです。

 

ワックスブルームは、ブドウや黒豆などにも見られますし、りんごの表面がベタベタしているのも同じ現象です。
リンゴの場合は白い粉ではなく、油脂性の物質が皮に含まれていて、それを表面に分泌することによって自らの身を保護しているんです。

まるで人工的にワックスを塗ったようにテカテカに光るので、勘違いする人も多いですよね。
ワックスブルームは、人体に害のある成分ではありませんので、安心して食べることができるんですよ

むしろ、野菜が新鮮な証拠です(⌒∇⌒)

サツマイモの白い液体は少し厄介。でもその分…

生のサツマイモを切ると、白い液体が出てくることがありますよね。
しかもこの白い液体はすごくベタベタしていて、手についてしまうとちょっと洗った程度ではなかなか落ちません。

この白い液体の正体はヤラピンという成分で、さつまいもの「あく」なんです。
あくといっても植物性の樹脂の一種で油性なので、水洗いではなかなか落ちません(落とす方法は最後にご紹介します)。

 

でもヤラピンが分泌されるのは、新鮮なサツマイモという証なのでむしろ良いことなんですよ。
また、便秘を解消する効果もあるんです。

しっかりワックスを落としてあげたら、キュキュッとした美味しい野菜に早変わりです(⌒∇⌒)

その他のベタベタは、ワックスかも。でも、それって危険なの?

それでは次に、上でご紹介した野菜以外のワックスについてご紹介しますね。
そもそも日本では、ワックスに対する消費者の拒否反応が強いため、国産の野菜や果物にワックスを塗ることはあまりありません

ただし例外もあって、早生品種の果物などにはワックスが使われることもあります。
これは、本来の旬の時期よりも早く出荷するため、どうしても水分が蒸発しやすかったり表面が傷つきやすかったりするんです。

 

流通している間の品質の劣化を避けるために、ワックスで表面を保護するんだそうです。
ただし、日本の農家さんが使っているワックスは、食品添加物としての認可を受けているものなんです

お菓子の表面をコーティングする時にも使われるような安全なものなので、それほど心配する必要はなく、安心して食べることができますよ。

ただし、いっしょにくっついている農薬には注意

ワックス自体には問題は無いものの、やっぱり農薬には注意が必要です。
と言うのも意外と知られていませんが、日本は

  • 面積当たりの農薬使用量が世界三位で
  • 苺は60回、きゅうりは50回、ピーマンは62回、ナスは74回も農薬が使われていたり、
  • ヨーロッパでは禁止されている農薬が使われていたり
  • 残留農薬の基準が緩く、例えば台湾より200倍も緩く
  • そのおかげで、輸入してくれない国もある

という国だからです。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0540.html
https://twitter.com/t1o4/status/729655295035613184
https://twitter.com/t1o4/status/729655295035613184

それに農薬自体は、

  • 地下鉄サリン事件で使われた”サリン”と同じ、有機リン化合物だったり、
  • 妊娠中絶薬の成分でもある「燐酸トリオルトクレジル」というものが含まれていたり、
  • 農薬を使った地域が、リノパ腺のガンが増えたという調査結果もあったり、
  • ネズミに使用した時は、奇形児が生まれやすくなったという調査もあったり、

すると言われています。

 

なので、ワックスがついている=安全と言うわけでもありません。
また、農薬も頑固な油汚れのように、水洗いでは完全には落とせません。

あと、外国産の野菜や果物のワックスには、有害物質が含まれている可能性も!

外国産の野菜や果物には、乾燥を防ぐだけでなく、防腐剤や防カビ剤などの濃度の高い薬品が塗られています。
中には、発がん性物質が含まれていることもあるので、皮ごと食べたりするのは非常に危険なんです。

外国産の野菜や果物を手にした時に、表面が妙にテカテカしていたり、触ると脂っぽくベタベタしている場合はワックスが塗られている可能性があります。

野菜のワックスや農薬を除去して、キュキュッとした野菜にしたいなら…

先ほどもご紹介しましたが、残念ながらワックスや農薬はベタベタ…つまり水をはじくので、水洗いでは落ちません。
そういうわけもあって、上の写真のような「ベジセーフ」というスプレーがあります(⌒∇⌒)

私も使っていますが、このスプレーは野菜についたワックスや農薬を、ゴッソリと落としてくれますよ!
洗った後の野菜は色が鮮やかになって、まるで一皮めくれたかのようになります。

このスプレーはもともと一回当たり約9円と安いですが、今は発売記念もあってお試し全額返金保証キャンペーン中です。
ベタベタの取れ具合に満足できない場合はお金を返してもらえるので、お得な今のうちに、ぜひ一度使ってみてください。

<スポンサードリンク>