子供の野菜嫌いや偏食に、発達障害の可能性?見分け方は…

「子どもが野菜嫌いでなかなか食べてくれない」といった悩みは、親にとってそれほど珍しいことではありませんよね。
でも好き嫌いが極端にひどく、何をしても改善が見られなかったり、嫌いな食べ物に対して手が付けられないほど拒否反応を示すような場合は、もしかしたらそれは単なるワガママによる好き嫌いではなく、発達障害が原因の偏食かもしれません。

発達障害とは、脳の機能がうまく働かない障害や特性のことです。
発達障害の度合いには個人差があって、症状もさまざまな種類があります。

 

例えば人とのコミュニケーションがうまくできなかったり、集中力が続かなかったり、勉強ができないなど学習面にも影響が出ることもあります。
そして発達障害の特徴として代表的なのが、食べ物に対するこだわりが強いところなんです。

発達障害の子どもは、どうして野菜を食べないの?

発達障害の子どもは、思考が豊かで感覚が敏感なんです。
食べ物の味も強く感じやすいようで、野菜の苦みや酸味を刺激が強すぎたり、痛いと感じてしまったりするそうです。

特に野菜の農薬は悲惨で、思わず吐いてしまうお子さんもいるくらいです。

 

また想像力がとても豊かなので、野菜から別のものをイメージして食べられなくなってしまうこともあります。
例えば、トマトの赤が血のように見えたり、シイタケが虫みたいに見えることもあるそうです。

また野菜だけでなく肉や魚が食べられない子もいますが、それは生き物だから食べられないんだそうです。
頑張って食べようとしても、生き物を食べているという罪悪感に苛まれ、口にすることができなくなってしまうらしいんです。

 

これらの症状は脳の働きがうまくいかないことが原因となっていて、食べ物だと認識することができないんです。
例えば、海外に行った時に現地の人がいくら美味しそうに食べていても、日本人からすると「よくこんなもの食べられるな」と思うような食べものってありますよね。

現地の人から「ごちそうだから食べてみろ」と勧められたとしても、なかなか食べられないものです。
発達障害の好き嫌いは、まさにそれと同じ感覚なんだそうです。

ですから発達障害は、障害という呼び名はついていても、感受性が豊かな個性の一つと捉えることも多いんです。

ただの好き嫌いか発達障害かを見分ける方法

発達障害の子どもの多くは、食べ物へのこだわりが強く、好き嫌いがはっきりしているという特徴があります。
でもそれだけでは健常児の好き嫌いと見分けるのはかなり難しいです。

というのも、健常な子どもの好き嫌いと発達障害の好き嫌いとでは、そもそも根本的な原因が違っているからです。
健常な子どもの好き嫌いは自分勝手なわがままな理由が原因になっていて、日頃のしつけやもともと子どもが持っている性格が影響しています。

 

一方の発達障害は、脳の中枢神経の機能がうまく働かないことが原因です。
もし発達障害かどうかを判別したい場合には、体の動かし方が健常な子どもと比べて違和感があるかどうかをじっくり見てみましょう

例えば、

  • 目を合わせようとしても合いにくかったり、
  • 抱っこしようとしてもジタバタして抱きにくかったり、
  • ハイハイがあまり上手にできない

など「あれ?ちょっとおかしいな」と思うポイントがあるはずです。

好き嫌い以外に気になるポイントがいくつか重なるようであれば、発達障害と診断される可能性は高くなります

好き嫌いがひどすぎるなら、発達障害を疑ってみて

食事の時に嫌いなものを出したら、ものすごい勢いで泣きわめいたり頭を打ち付けたり、興奮して手がつけられなくなるようなレベルになると、毎日接している親でさえどう対処してよいか分からず、生活にも支障をきたしてしまいます。

いくら言い聞かせても、そのくらい大変な状況が続くようであれば、もはや単なるワガママや頑固な性格のせいとは考えにくいので、発達障害を疑った方が良いでしょう。
ただし親が勝手に障害と思い込んでしまうのは良くありませんので、必ず専門医の判断を仰ぎましょう。

もし発達障害でも、野菜を食べさせる方法はある

「好き嫌いがあるのは障害のせいだから仕方がない」と親が子どもの好き嫌いを許してしまうと、わがままな性格になってしまう可能性があります。
障害の有無にかかわらず、子どもはわがままや甘えが許されることを覚えてしまうと、親の言うことを聞かせるのが難しくなってしまいます。

発達障害があると健常児に比べてしつけが難しいのは事実ですが、親が好き嫌いを改善するために努力することは子どもの成長のためにも必要なことなんです。
好き嫌いが激しくてもできるだけ色々な食べ物に触れさせて、子どもが好きになれる食べ物を一つでも多く見つけてあげることが大切です。

 

とはいえ、親がどんなに努力しても改善が見込めないようなら、1人で悩まずに地域の支援センターなどに相談してみてください。
誰も悪いことなんてなくて、ただ解決方法を知らないだけなんですから(⌒∇⌒)

発達障害のお子さんでも、野菜を食べてくれるようになる方法を、教えてもらえますよ。

まずは「実質無料」の無農薬野菜で、お子さんが食べてくれるかをチェック!

先にも言いましたが、野菜を子供が食べない理由は、敏感な舌が農薬に反応してしまっているケースも多いです。
だから「無農薬野菜だと、パクパク食べるようになった!」というお子さんも、実はとっても多いんですよ(⌒∇⌒)

 

ただし無農薬野菜は、通常の野菜の2倍近い値段がします。
それに近所のスーパーでは、なかなか売ってませんよね(;’∀’)

そこで私が使っているのが、以下のスプレーです。

ちなみに、このベジセーフと言うスプレーですが、農薬以外にも

  • サルモネラ菌、大腸菌などのウイルスや食中毒菌も30秒で死滅出来る
  • 放射性物質を除去できる
  • 99.9%純粋原料だから安全。万が一口に入っても大丈夫
  • 野菜が長持ちするようになる

という特徴もあります。

 

今は発売記念なのか、全額返金保証&送料無料キャンペーンもやっているので、ぜひお試しに使ってみてください(^▽^)
もしかすると、「あれ?この野菜なら食べられる!」と、パクパク食べてくれるかもしれません。

<スポンサードリンク>