野菜やサラダは作り置きできる?⇒〇日間なら大丈夫!

野菜をできるだけとりたいと思っても、仕事や家事に忙しく時間が取れない方も沢山いますよね。
できれば作り置きをしておきたいと思っている方も多いと思います。

しかし、作り置きすることで栄養が減ったりするのでしょうか?
また、どれくらいの期間保存しても大丈夫なのでしょうか

「野菜やサラダは作り置きできる?⇒〇日間なら大丈夫!」の続きを読む…

サラダ・カット野菜は冷凍保存できる?⇒この方法なら…

コンビニやスーパーで売っているサラダやカット野菜って、買ったのについ食べそびれてしまったりすることもありますよね。
すでに切ったりちぎったりされている野菜なので、表面に雑菌が繁殖したり水分が蒸発しやすい状態になっていて、そのまま冷蔵庫に入れて保存しておくだけではすぐに腐って食べられなくなってしまいます。

そんな時「冷凍保存ってできるのかな?」と疑問に思う人も多いことでしょう

 

また自分で野菜を買ってきて、カットして冷凍するときも同じです。
「カットすることによって、栄養が下がったりしないかな…」「解凍すると、ベシャベシャにならないかな…」

そういった疑問に、まとめてお答えしますね!
なお、この記事は少し長いので、お急ぎの場合は以下の目次も参考にしてください。

「サラダ・カット野菜は冷凍保存できる?⇒この方法なら…」の続きを読む…

しおれた葉物野菜を、シャキッと復活させる方法

野菜って、買ってから冷蔵庫で保存していると、シナシナにしおれて新鮮さが失われてしまいますよね。
どんな野菜も、収穫から時間が経つと、次第に水分が蒸発します。

野菜の細胞の中に含まれる水分が減ると細胞が小さくなるので、葉っぱや皮などが縮れることによって、野菜がしなびてしまうんです。
レタスやほうれん草などの葉物野菜は、薄い葉で出来ている分、ほかの野菜と比べても水分が蒸発しやすく、気温が高かったり空気が乾燥していたりすると、あっという間にしおれてしまいます。

 

ですから、野菜がしなびてしまった時には、乾燥しきって枯れてしまう前に、水分を補ってあげることが大事なんです。
水分を補えば、時間が経った野菜でもまるで収穫したてのように、シャキシャキの状態に復活させることができるんですよ。

野菜に水分を補うにはさまざまなやり方がありますので、手軽にできるものから順番にご紹介しますね。

「しおれた葉物野菜を、シャキッと復活させる方法」の続きを読む…

野菜を洗うと手がベタベタに。原因と食べられるかは⇒

野菜を水洗いしていると手がベタベタになったり、野菜を洗った後の水に油のようなものが浮いたりすることってありませんか?
野菜がベタベタする原因としてまず考えられるのは、人工的に塗られたワックスです。

ワックスは野菜だけでなく、果物に塗られていることも多いですよね。
なぜ野菜や果物にワックスを塗るかというと、表面にツヤを与えて美しく見せるためや、水分の蒸発を抑え乾燥を防ぐことによって、新鮮な状態をできるだけ長持ちさせるためなんです。

 

あとは農薬が水で流れないために、「展着剤」と呼ばれるワックスのようなものも使われています。
これらは、私たちの人体にどのような影響があるのでしょう?

「野菜を洗うと手がベタベタに。原因と食べられるかは⇒」の続きを読む…

サラダがシナシナになるのを防ぐ方法。食感を戻す方法も!

誰だって、シナシナのサラダよりはシャキシャキ、パリパリのサラダを食べたいですよね!
私もサラダが好きで良く食べますが、やっぱり(野菜を食べてるな!)と感じます。

でも…サラダってすぐにシナシナになるんですよね。
そうなると、大好きだったサラダも食べたくなくなると思います。

 

そこでこの記事では、

  • サラダがシナシナになるのを防ぐ方法
  • 一度シナシナになってしまったサラダを、もう一度シャキシャキに戻す方法

についてご紹介します。

シャキシャキのサラダ、一杯たべましょう!

「サラダがシナシナになるのを防ぐ方法。食感を戻す方法も!」の続きを読む…

野菜がシナシナになるのを防ぐ方法、ピンッ!と復活させる方法

野菜を冷蔵庫で保存していると、気がついた時にはしなしなになっていた、なんてことってありますよね。
特に葉物野菜は、買ってきて1日経っただけでも、葉っぱの先端の方からしなしなになってしまいます。

でも1人暮らしの方や少人数のご家庭だと、野菜を買っても消費しきれないことが多いですよね。
そんな時、しなびた野菜を食べても良いのか分からずに、捨ててしまったりしていませんか?

 

でも捨てるのはちょっと待ってください。

「野菜がシナシナになるのを防ぐ方法、ピンッ!と復活させる方法」の続きを読む…