被爆しやすい野菜、しにくい野菜は?除去調理方法も⇒

http://urx.red/DZre

今、農薬と同じくらい野菜を買う時に気になってしまうのが、放射能汚染だと思います。
同じ日本人として何となく大声で言えない雰囲気はありますが、やっぱり産地は気にしてしまう…なんてことはありませんか?

私も子供がるので、どうしても野菜の産地と、”どんな野菜が”気にしてしまいます。
でも、どうしても産地が選べない野菜もあるかもしれません。

 

そこでこの記事では、

  • 放射能汚染しやすい野菜、しにくい野菜や
  • 少しでも放射能を除去できる調理方法

などをご紹介します!

ちなみに放射能の影響については以下の記事でご紹介しているので、よかったら読んでみてください。

⇒放射能は、7~8年後に「こんな」影響がある?

<スポンサードリンク>



放射性物質が溜まりやすい(被爆しやすい)食べ物、溜まりにくい(被爆しにくい)食べ物は?

http://ur2.link/Ecxh

私も色々と調べてみたのですが、以下のような記事を見つけました。

 

簡単にまとめますと、セシウム濃度が特に高い野菜・果物は

  • ほうれん草
  • カブ
  • さつまいも
  • そば
  • 大豆
  • 小麦
  • ぶどう
  • しいたけ
  • タケノコ

となります。

根菜類やキノコ類は、注意したほうが良いかもしれませんね。

 

セシウム濃度が低い野菜について、先に挙げた野菜以外は、似たり寄ったりのようですね(;’∀’)
放射能汚染の影響を受けにくい安全な野菜の種類を探している場合は、ひとまずは上で挙げた野菜を避けるのが良いと思います。

皮をむいて食べると、放射能は安全?

これから放射能の影響をなるべく受けずに調理する方法をご紹介しますが…。
例えば農薬に汚染された野菜だと、皮をむけば何となるんじゃないか、って思いませんか?

まぁ実際は農薬が浸透するので皮をむいても意味ないんですけど…放射能に関してはどうでしょう?
実は、これから紹介する以下の方法と合わせて、「放射能を少しでも減らすために推薦されている方法」ですよ!

 

ただ皮を剥くだけでなく、厚く剥くことが大事だそうです。
もちろん放射能は無かったことにはなりませんが、少しでも安心するため、実践してみてくださいね。

放射性物質を減らす・除去する調理法は?

それでは次に、放射能物質を少しでも減らす調理方法をご紹介します。
確かテレビで紹介されていた方法ですが、

  • 水にしばらくの間、つけておく
  • 茹でる
  • 塩漬けにする
  • 酢漬けにする

この4つの方法が、放射能を取り除く調理方法として有効だと紹介されていました。

でも栄養もなくなっちゃう!それが気になる場合は…

そうなんですよね。
上でご紹介したような方法だと、栄養も一緒に流れ出てしまうんです。

多くて30%もの栄養が、流れ出ちゃうみたいです。
それはもったいないですよね~。

 

そういうこともあって最近は、上の写真のような”放射性物質を取り除いてくれるスプレー”もあります。
一食あたり9円と安いですし、今は発売記念もあって全額返金保証キャンペーン中なので、せっかくなのでご紹介しますね。

ちなみにこのスプレーはベジセーフと言いますが、放射性物質以外にも

  • 農薬を除去できる
  • サルモネラ菌、大腸菌などのウイルスや食中毒菌も30秒で死滅出来る
  • 水洗いと違って、野菜の栄養を落とさない
  • 野菜が長持ちする

と言う特徴もあります。

 

ちなみに私も、何となく不安なので使ってます。
1回9円で安心して野菜が食べられるなら、どう考えても得だなぁ…と思って(⌒∇⌒)

毎日はとっても簡単な作業ですけど、もしかすると何年か後に、(やっててよかったなぁ~)と思えるのかもしれません。

 

よかったらチェックしてみてくださいね。
気に入らなければ、返品しちゃっても大丈夫です。

<スポンサードリンク>